スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[竜漫画第33話]お誘い



久々にフォルトの続き漫画を描きます。2年ぶりぐらいになるので前回がどうだったのか微妙に怪しいですしタッチや頭身も大幅に変えてみました。前回の続きはこのブログの右下のほうにある「アーカイブ」から辿ることが出来ますので思い出してみてください。初めての方はアーカイブの「001:古の竜族」から順番に読むと何となく話が分かると思います。


- キャラ変更に関して -

久々に加古の漫画を省みて少しディテールの描きすぎとか、漫画タッチの割りにリアルとかのアンバランスさがありましたので頭身を3~4頭身ぐらいに押さえ、ザックリとディテールの描き込みを抑えました。それに伴い 一応デザインが変りまくってるので漫画中のキャラが誰なのかわからないかも知れませんが、この耳が立っているキャラが全快の橙色のメス竜と同じキャラとなります。色の濃いキャラがレグラスですね。続き描く気も失せてはいたのですが、少しづつ余裕も戻ってきたので久々に再開することとします。安定的に話を書くことが出来るかどうかはわかりませんが、かけていけるといいな。


スポンサーサイト

気になる竜ムービー

既に馴染みの深いDIVX STAGE6なのでご存知の方も多いでしょうがyoutubeと同じような動画共用サービスの一つです。再生にはDivX Web playerをインストールする必要がありますが画質や検索性においてはyoutubeを凌ぐものが数多く見られ標準で動画のダウンロードまで出来てしまいます。アップされている動画の違法性はともかくとして中には目を引く動画もありますので見てみると楽しいかもしれません。

RiTTERSCHLAGについてはこちら

続きを読む

ラプトルが恐竜で一番好きです

「ヴェロキラプトルの大きさは犬ぐらいしかない」とダイナソープラネットで大まかな説明があり、プチショックを受けたりもした。どうしてもジュラシックパークのごっついラプトルこそ真実だと思ってた時期もあり、今更ながら戸惑いがあります。
ディスカバリーチャンネル ダイナソー・プラネット 鳥類の祖先ベロキラプトル DINOSAUR PLANET 鳥類の祖先ベロキラプトル
この商品の詳細を見る"

2707WFPの入力端子を利用してテレビやビデオ画像を表示してみました。テレビと比較すると若干滲み感があったり、ザラザラ感があると思っていたのですが、どうもテレビでもよく見ると結構ノイズ交じりみたいでした。画質が向上している分、見えないノイズも鮮明に映し出しているんですね。残像感もありませんし、若干の滲み感さえ我慢すれば、十分に家庭用テレビとして代用できると判断し、28インチのブラウン管テレビを手放す決心をしました。これで部屋が少しすっきりしますね。


[竜]空想科学をしてみる

ドラゴンは自由にデザインできる故、その能力もかなり好みや理想が入っています。人によっては異質なデザインのものもありますので実働するとどうなるのか不明なものも少なくありません。

では実際どの程度のものなのか検証してみます。左図はレグラスのものですが3次元計測で求められた身長が3m翼長が3.5mあります。翼面積はphotshopのヒストグラムで表示される総ピクセル数に一致しますので、1ピクセル1cmとなるよう縮尺をかけ算出します。

翼面荷重=翼面積 (dm2) / 体重 (g)
最小飛行速度=√(1.64 x 体重 (g)) / 翼面積 (dm2)

上記は飛行機での式なので生物には少し適していないかもしれませんが、これらの式に当てはめてみると、翼面荷重が53.24g/dm2となり、最小飛行速度が9.34 m/secとなります。時速33.6kmですね。それ以下の速度では飛翔できず失速します。無論止まる時もこの速度で突っ込みます。現在の100m走の世界記録保持者モーリス・グリーンで36.8km/hですので、ひょっとしたら現実的な数値かもしれません。ちなみに数学は苦手です。間違いだらけだと思いますので余り式に信憑性はありません。なむ。

ちなみに3 秒間直進飛行するのに必要な距離は28mです。

竜の映画

ドラゴン飛行隊の援護を受け戦うナポレオン時代の戦争を描く小説が映画化されるようですが小説「Temeraire」で内容を探ってみたところ、大まかには”拿捕したフランスの船の中で竜の卵を見つけてしまったローレンス船長が、卵の羽化に立会い何となく竜騎士(?)の道へと進む”ファンタジーモノですが、どことなく始まり方がエラゴンににてるともいえなくもないです。なんにせよ期待の一品ですね。
3Dゲームファンのための「ヴァルキリープロファイル2」グラフィックス講座:ワンダにも共通するように最近のトレンドはHDRIにおけるトーンマッピングとブルーム効果を中心として3Dツールでは当たり前の機能であるステンシルシャドウ、トランスルーセント、テプスオブフィールドなど高度に出来るようになったんだなぁ…(´・ω ・`
RECENT

コミックルーム
同人誌印刷popls

アーカイブ
名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。