スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜の風詩に関して

ポスター2

2003年7月 あるサイトで一つのゲームが公開されました。このゲームはJAVA ScriptとCGIで出来たブラウザゲームでしたが数多くの人々に楽しまれたものとなりました。あれから7年、様々な問題がありますが今だこのゲームは運営され続けています。今回はそんなゲーム「竜の風詩」に関しての開発話をしたいと思います。



■ゲームのコンセプトとは?

 開発当初に掲げていた目標として「あたかも実在するような人工ペット」を表現することにありました。 テーマが大きいかも知れませんが、別に本格的な人工知能を作るわけではなく、HTMLやそこらの知識を組み合わせて出来る簡単なミニゲーム上の表現に限られます。やる事は限定的ですし派手な演出も当然出来ません。ゲームを作る段階で妄想が広がりあれもこれもという欲に振り回されやすいのですが、今回はそういった複雑なことはバッサリと切り捨て、対話を主軸としたストーリー形式をメインとして、実在しているような感覚を覚えるよう組んでいくことにしたのです。


■竜の風詩誕生の秘話

 竜の風詩には2の他に前作となる1があります。1の製作が1997年9月となりますが、それ以前にも非公開ですが当初FM-TOWNSというパソコンでそのβ版になるゲームを作っていました。このゲームは餌をあげたりアクションバトルをするような戦闘システムを設けていたのですが、この頃に抱いていた目標も「人工ペット」に変わりはありませんでした。 当時インターネットがメジャーではなくまだ草の根BBSが主流だった頃、「AIが止まらない」という漫画に強く影響を受けていたところもあります。パソコンから女の子が出てくる漫画なのですが、プログラムを勉強して間もない頃の私にはパソコンがプログラム次第で何でも出来る魔法の箱のようにも思え、それが現実だったらいいのにな…と甘い妄想を抱いていたのです。

別に…一人暮らしが寂しかったわけでは…ありません。たぶん。 パソコンを学ぶ為遠く都会へ出てきた私でしたが、なれない環境ということもあり、しだいに何か頼れるものを求めていたのだと思います。FM-TOWNSをWindowsマシンに買い換えた頃。新しいマシンになれるために始めたホームページつくりが1を作る切欠となります。


■竜の風詩2の始まり

 1を運営していた頃は月50人ウェブサイトに訪問するぐらいの小規模的なものだったのですが、パソコン雑誌に取り上げられる等、次第に知名度が上がってくるたびに人数も増えて賑わって行きました。当初は、手動でユーザーの竜同士を結婚させるイベントを起こしたり、謎解きゲームを開催しましたが小規模だから出来たことでした。その頃、常連客もぽつぽつと現れ始め、彼らの意見を聞こうとチャットやBBSに力を注いでいたところ「2」を要望する声を聞きました。 その時はしばしばチャットシステムをリニューアルしたり、ウェブデザインを再構築していたのですが、CGIを弄っていたノウハウとウェブを改良していく上で覚えていった知識で2の路線もありではないかと思うようになりました。つまり1人の意見で創ることになったのです。



スポンサーサイト
RECENT

コミックルーム
同人誌印刷popls

アーカイブ
名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。