スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれとってこーい!


コミュニケーションに特化する。それはすなわち、仔竜を触ったりあれこれ、遊んだりすることでもある。動物のふれあいとして代表的なものが、モノを投げてそれを回収させる、いわゆる「あれ取ってこい!」だと思うっ。そう思わない?思うよね?ね?あれ凄くいいと思うんだ。萌ってやつ? なので早速実装してみたよ。 まだ、モーションの繋がりが雑だけど、そんな調整は後からやるとして、まずは見ておくれ~

ボールをドラッグすると、常にカメラ目線な意識の高い仔竜は、ボールを見始める。そして、ポイッとボールを放すと、ボールを見つめる仔竜はその後を追いかけ、ボールを取ってきてくれるのだ。


原理的な仕組みは簡単なものなんだけど、3D空間かつ半分プログラムで制御されている仔竜のアニメーションに強制的に割り込みして処理しているので、んもうややこしいのなんの。 その分、かなり柔軟に対応してくれるので、何処へ投げてもとってきてくれるいい子なのだ。


スポンサーサイト
RECENT

コミックルーム
同人誌印刷popls

アーカイブ
名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。