製作失敗の原因

今までいくつかの作品を作ろうとしていくつも挫折し消滅していきました。その半分は勢いだけで生きている性格にもあるのでしょうが、今回は反省とその問題点を洗い出すためにも、何が問題だったのかを考えてみることにします。ただし…以下は私自身に対する考え方や問題点ですので、人によっては反対意見や理解し難い点もあるかと思います。あくまでも一個人の問題点として捉えていただければと思います。





自分が出来うる限界以上のものを作ろうとする

一人でFFを凌ぐ超大作RPGは作れませんし、各個人には出来うる限界があります。
余りに大きな目標を掲げすぎると自滅しますので自分が表現可能なクオリティー、方向性に持ってゆくべきです。出来て少し背伸びすれば届くようなところを目標にするのが一番です。


作品にかける期待が大きすぎる

作品が完成した暁には、コンテストで大賞が取れるとか、人生が変わるほどの人気が出るとか、夢を抱きすぎるとそれがプレッシャーとなり上手くいきません。結果は後から勝手について来るもの。プレッシャーで製作に悪影響があるぐらいなら、反響はとりあえず出来てから考えることにして、作るときはがむしゃらに頑張りましょう。



製作時間が現実的ではない

ついつい乗りに乗ってくるとアレもコレもと欲が出てきます。これが日常生活内で処理できる程度のものならまだ良いのですが、単純計算で何ヶ月、何年もかかってしまうようなものを作ろうとすると、結局途中で折れてしまうか制作意欲の低下に繋がります。各人の製作時間には限りがあります。その限られた時間を有効に使って出来うるモノに作品範囲を限定するべきです。



完璧なものを求めすぎる

はじめから高度・複雑・大規模な作品は出来ません。ゲームで言えば、RPGを作るよりも前に小さなミニゲームから、ミニゲームを作るよりも前に、簡易な試作品から。段階を踏んで少しづつ進んでいかなくてはなりません。近道をしてもそれを通行できるとは限りません。先ずは可能なことから少しづつ、小さな積み重ねをしていきましょう。



考えすぎて行動に移せない

良い作品にしようと、あれこれ考えていくと、欠点ばかりが目立つようになり、結局何がいいのかすら分からなくなってきます。製作前に見失ってはいけないことはコンセプトです。何がしたいのか何が表現したかったのかは変えたりしたくないものです。



思い立ったらすぐ行動

作品を作る前に、膨大な量の仕様書や絵コンテを作成して結局、それに満足して製作を断念することもしばしば。もちろん製作をする上で、その道しるべとなる設計仕様はとても大切なものですが、此処に時間をかけ過ぎるのは本末転倒。とりあえず、設計仕様が無くても出来るところから準備にとりかかり、下準備をしつつ足固めしてゆけば、煮詰まることもないのでは…?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

いくつかワシと当てはまる物があるような無いようなという感じです、しかし竜の風唄は完璧に成功したのではないでしょうか?運営上などの問題があって手を引かれたのも事実ですから。
ワシと当てはまるというのは考えすぎて行動に移せないなどは
自作小説書いている自分としては良く当てはまります、自分の限界も少しはありますね。

RES

人それぞれ今回の事例が当てはまるかどうかは分かりませんが、竜の風詩2の場合、かなり雑な作りをしていたので概ね開発に成功したと言えます。開発初期に自分自身がその時点で持っているスキルのみで作りましたし、作品には期待もしていませんでした。それにブラウザでのみ実現できることのみに焦点を絞り実現可能なプロセスを人数を導入することで進めましたし、前作のスクリプトを少しづつ拡張していくことで開発していきましたので、全て今回の記事の約束事をまもれているんですね。逆にムービー作りなんかは、色々と思い当たることがあり、今まで一度も成功したためしはありません。

やっぱり、色々当てはまりますね;

自分は、まずは完璧を求めすぎる所でしょうか・・・
デッサンで立方体や円錐を描く時、どうしてもビシッと線が描けないと
何度も消したり描いたりを繰り返して中々進まなかったりしました。

後は、良い作品にしようと考えすぎてしまう所などもありますね;
散々構想を頭の中で練って、練って、練り続けて、でもいつの間にか
飽きて違う物の構想を練る事にふけっている事がしばしば。
それでいくつものムービーが脳内で出たり消えたり・・・
有る程度やり込むまでは熱中できて、有る一定の時を過ぎると
飽きてしまうと言う、ゲームに似た感じで、必死に考えていた物が
段々輝きを失ってきてしまいます。
自分のスキルはもとより、ソフトが無いというのも理由なのですが、
フリーの製作ソフトもあるようなので、しっかり探してみようと思います


手軽なものから徐々にハードルを上げると言うのは、やっぱり
どこでも基本なんですね~;

RES

デッサンの目的は絵の訓練ですので、そこに行き詰ってしまうと先に進めなくなりそうですね…。どんなに優秀な作品であっても見方や見る人が違うと違う感想が得られるように、完全完璧な作品は夢物語ですので、とりあえず現段階の問題点や改善点は次回の作品に生かせばいいかもしれませんね。 とりあえず作業をするのとしないのでは、得られる情報に決定的な差がありますので、どんな結果であれ先ず行動することが重要なのでしょう。

はじめまして」

こんにちは
はじめまして
実はリニューアールする前にきたことがあったのですが・・・・
受験で全然これなくてすみません><
えっと・・・・実際始めてきたときかなり驚きました・・・
ホームがどこかわからず・・・さまよいまくって・・・
まだコメントとかは投票できないのかなぁ・・・とおもいつつさまよっていたのですが・・・・・
やっとみつけました。。。。これからよろしく尾根が強います

追伸
あの漫画サイコーですマジで笑えました。そのせいでコップ落として割れてしまって3週間計量カップですごしました・・・
一応がりゅうさんみたいにPC関係の仕事に就きたいと思っているので・・・これから何度かくると思いますが
おしりおみきを・・・・

長文すみません><

RES

はじめましてコウリュウさん。よろしくお願いしますね。初期のサイトには投稿システムがついていませんでしたが、今回はFC2ブログを利用していますので一通りの機能は付いています。なお、こちらに当てた個人的なメッセージを送りたい場合は、work*souryudo.com(*は@に置き換えて下さい)などに送っていただければ幸いです。ブログのコメント欄はそのブログに対しての感想を述べるようになっています。

受験が忙しかったようで大変でしたね。こちらもその頃の時期は全ての娯楽を禁止して勉強一筋でがんばったものです。今ではとても真似できませんが…。将来はPC関係につきたいということですが、職さえ選べば比較的希望どおりいけるとは思いますのでがんばってくださいね。
RECENT

コミックルーム
同人誌印刷popls

アーカイブ
名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ