スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインシナリオ完成

通信機


シナリオメイン部分の作成が完了。うぬ。会話部分だけでストーリーとして何が起こってるのか表現しなきゃならないのが、やや辛いところだけど、SEも絵もつけることはできるので、何とかなるものだろうか。うん前作もそんな感じだったし。うまくいくよね! 

話の内容は前作をプレーした人には、良い具合にグッとくる内容で、新規に始める人でも新鮮な気持ちで楽しめるそんなものなのかな。 なんにせよ、ワシに文才は無いので雰囲気作り重視で見せていかなければならないような予感。うひょー打ち込み大変そうだね。音素材も探しまくらねば・・・がんばろう。


竜の風詩2は2003年の夏に公開したとあるので、今年でちょうど10年目。
小学生の頃プレーした人もいまや立派な大人ってわけだ。うぬ。順調順調! うまく出来上がれば、当初思い描いていた感じが再現できるんだろうけれど・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、最近気になっててipad mini買いました。
本稼働はまだまだ先と思いますが、対応しますかね?
androidには対応しそうだけど。(カブと同じでブラウザもOKなら良いが)

No title

iOSのところは現在対応未定です。
というのも、iアプリを作成する場合、MAC上でしか作れない為、わざわざそのためにMACを購入しなくてはならないとか、現行開発はUnity3ですが途中4にバージョンアップした場合、ライセンスの取得でさらに10万前後の出費、さらに動作検証端末まで必要になるので、もう何十万という費用がかかってしまいますね。そこまで稼げるゲームだといいんでしょうけれど、現実なかなか難しいです。 ブラウザの方は前向きに検討してますんでそちらを期待してください。 ひょっとしたらDVDにいれてコミケとかで売るかもしれませんけれど

No title

WindowsPhone対応はどうなのですか?

No title

開発はUnityで行っています。
今のところUnity自体がWindows phoneに対応していなければ、どうにもならないですね。情報によるとWindows Phone 7.xは見送り、Windows Phone 8から視野にいれるとのことですが、ライセンスや公開時期などは未定のようです。ただUnity4からのサポートみたいなので・・・数万支払ってバージョンアップしないといけませんね。うむむ・・・出費がかさみますね。メリットあるといいんですけれども

No title

iPhoneはユーザー数の多さからも検討はしたいところですね。
要望の多さ次第でしょうか。前向きには検討しています。

No title

ブラウザとDVDに期待します。DVDは買いに行けないor売り切れとかあった場合通販にも期待です。前作大ハマりした分続編とかはやはり気になるので。
DVDならネットできない竜好きの知り合いにもプレゼントできる。

No title

とりあえずは完成が見えてきてから考えることになりそうなので、今はまだ不確定要素が大きいですね。詳しく決まったらここでお知らせします
RECENT

コミックルーム
同人誌印刷popls

アーカイブ
名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。