音楽に関して



竜の風詩3[仮]は個人製作ゆえ、派手な演出や凝ったグラフィックは製作時間やリソースの配分的に不可能だ。そりゃグラフィックだけに専念すればPS3みたいな超絶グラフィックやら、映画みたいな豪華な演出も全然可能なわけだけど、基本土日プログラマーなものでそんなことしてたら10年たっても完成しない。 なので、必然的に必要最小限の演出やグラフィックでいくことになる。使える時間も限られているしなー。

そこで重要になってくるのが音楽なワケだね。テキストベースなシナリオも、ここぞとばかりの選曲とタイミングを合わせて入れれば抜群の効果を発揮できる。感動するのも音楽あってこそなし得るもの!しかし、時代はスマホ。
大半のユーザーが恐らく聴きすらしないんだろうけれど、それでも音楽はこのゲームに置いて重要度が極めて高いのよー。

そんなわけで、今回使う音楽も時間をかけてゲームの雰囲気やら場面に合うようなものをじっくり探して割り当ててみた。前作同様に、多くはフリー素材になってしまうわけだけど、メインテーマやいくつかの曲はオリジナルでやらないと顔とはいえなくなるよね。

今回のメインテーマは、とあるハイパーウルトラプロフェッショナルコンポーザーな方にお願い致しました。
みんなで決めるゲーム音楽ベスト100なんかにぽこぽこ上げられるぐらいの方だったりする。具体的に誰なのかは明かせないけど。
気合の入った超絶神曲は是非期待しておいてほしい!

して、このテーマ曲をベースにプロモーションビデオの計画も進んでいるよ。
上手く行くと良いねー。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この音楽なつかしすぎますー!
名曲ですよね。

No title

懐かしさとあのシナリオの切なさでなみだ出そうになりました・・・

ところで
星に来(く)るもの?
星に来(きた)るもの?

No title

なんだか涙が・・・

No title

わー。なつかしー!すごいなつかしい!!
2の時は「異国の旅路」も好きでしたー♪
パソコンでやっていたゲームがスマホでできるなんて
時代は進みましたよね。

No title

全くもって懐かしい音楽ですねー。ぐっときます。


タイトルは 「ほしにくるもの、いのちゆくもの」だったかな?
前後逆だったかもしれません。よく覚えていませんが「くる」であっていたと思います。



「異国の旅路」は明るくて良い曲ですよね。
前作は湿っぽい描写が多いので曲も暗めなものが多い中、明るい気分にさせてくれるあの感じがホッとします。
RECENT

コミックルーム
同人誌印刷popls

アーカイブ
名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1 名称未設定-1
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ